大阪唐木仏壇は、1985年に当時の大阪府知事によって伝統工芸品に指定された伝統あるお仏壇です。

大阪の仏壇・仏具の期限は6世紀まで遡りますが、先に通商産業大臣指定の伝統工芸品の指定を受けた大阪仏壇は16世紀に石山本願寺御坊が建立され、その門前町として栄えた頃に産地が形成され始めました。

手作りの大阪唐木仏壇は、唐木材特有の堅牢さ、漆塗装の強靭さと、雅味のある優美さ形式の祀りよさ等が特に好評をいただいております。

江戸初期の頃、幕令により「民家の仏壇設置」が強制され、当時の指物師たちは杉・松・桧等を使い、庶民向けの簡易な戸棚仏壇を作り、その需要に応えました。その頃、唐木材は舶来の木材で、輸入量も少なく貴重なものでしたので、高貴族たちに珍重され、茶華道具や仏具持仏用の厨子等に使われて、庶民には程遠い高級材でした。

江戸末期には唐木材の輸入も増え、堅木指物師や唐木指物師も多く、庶民向けの最高品が盛んに作られました。戸棚仏壇には、家屋の押入れに仏壇を組み込んだ固定式と、水屋箪笥の用に上の部分を仏壇にし、下部は物入れにした可動式のものが多くありました。和木に殻機材を抱合練りつける技法が生まれ、可動式戸棚仏壇は漆塗金仏壇の特徴と寺院彫刻などを模索して組み込み、唐木仏壇の源流とも言える仏壇が造られました。

後練付技法に改良を加え、透し彫刻の裏に緊迫版を組み込み、新しく仮漆塗技術を取り入れ、今の唐木仏壇の基礎的工技法が確立しました。明治対象の頃より、この種の仏壇を唐木仏壇と呼ばれるようになりました。

手作りの優雅な唐木仏壇は堅牢で割安、使い良さもあって、広く国内の好評を受け量産されるようになり、戦前戦後を通じ需要は増え続け、大阪唐木仏壇の製造業者はその要に応え、優良仏壇の製作に努力をしました。

ながたけ仏壇店では、今では数少ない大阪唐木仏壇を手作りで制作している仏壇店です。自社工場で作っているお仏壇だからこそ、伝えられる魅力があります。ぜひ一度、展示場まで足をお運びください。



営業時間 午前10時~午後6時
定休日 水曜日
展示場 大阪府八尾市佐堂町1-62
近鉄久宝寺口駅東へ60m高架下
電話 0120-76-8076
072(992)5382
FAX 072(992)5372
メール メールフォームはこちら
工場 工場案内はこちら